株式会社ナノカム

logo

会社名 株式会社ナノカム
代表者名 代表取締役社長  城武 昇一
本社・研究室 〒244-0003

神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4361-10

関西本部 〒530-0047

大阪府大阪市北区西天満4-5-5-307

設立日 2011年9月1日
電話番号 045-871-6678
FAX番号 045-871-6678
事業内容 ・ナノ粒子の研究開発・販売

・抗菌性生活用品の研究開発・販売

・ナノ粒子・ナノテクノロジーに関する研究開発

製品情報・想定用途 ■感染症の治療と予防

抗菌薬、安全な消毒洗浄剤、動物薬・飼料、医療器具、農薬

■衛生輸送

抗菌コンテナー、抗菌段ボール、抗菌スプレー、タクシー、バス、電車等

■生活衛生環境の向上と保持

抗菌綿棒・日用品、衛生用品、おむつ、抗菌シート、抗菌袋、抗菌布、抗菌衣料、抗菌バック、抗菌フィルム、抗菌寝具、スポーツや健康器具の抗菌、抗菌家具、抗菌壁紙、スイッチボタン、抗菌電装品、手すり、つり革、化粧品等

業種 メーカー(素材/化学/食品/その他)
企業URL http://www.nanocame.jp/

 

コピー ~ img1
コピー ~ img2
コピー ~ img3

ナノカムのテクノロジー

抗菌技術は新しいステージへ

世界中に感染が拡がる細菌。抗生物質に対しても耐性を持つようになり、公衆衛生上、緊急の課題対応が迫られています。我々は細菌の構造・増殖過程に着目し、全く新しい殺菌作用機序を創出しました。

本技術はこれまで長年の基礎研究に加えて、
文部科学省 大学発新産業創出拠点プロジェクト(平成24年ー平成25年度)
経済産業省 戦略的基盤技術高度化支援事業 (平成24年ー平成26年度) の支援を受けて、
「地球環境にやさしい感染防除技術から、安心安全な食料生産、クリーン生活と生物 共存社会」を皆様と造りあげたく、 世のためヒトのために努力をしております。

新規抗菌性ナノ粒子

全く新しい抗菌手法として、我々は抗菌アクリル系ナノポリマーを創造しました。

ナノカムの新しい技術

我々が着目したのは細菌の細胞壁と、増殖プロセス。ほとんどの細菌は細胞壁を持っています。人体の骨のように形を維持する重要な役目として内圧(8~20気圧)を抑えることで細菌の構造を保っています。細菌はこの細胞壁の成長・複製も含めて増殖を繰り返します。

ナノカムが生み出した「抗菌ナノ粒子」は細胞壁に吸着することで、その効果を発揮します。

吸着していない面は細胞壁の成長が行われますが、吸着面(接合局所)とのアンバランスな成長により、内圧を保つことができず、自己融解を起こします。

新規技術の特徴

細菌に対してアポトーシス様作用を惹起するこの「ナノ粒子」開発は世界初の技術で、特許申請をしています。

これまでの抗菌技術では、抗生物質多用による耐性菌の出現、つまり、感染症のジレンマが起こっていました。また、無機系抗菌技術では、レアメタル使用することから、安定供給への不安や、生体・環境への影響を考慮する必要がありましたが、この技術は自己融解を誘導し、下記の特徴を持ち合わせます。

■耐性菌を生み出さず、作用は持続性です。

■レアメタルは不要、安定供給を保証します。

■生体への安全性を確保、生態系を傷つけません。

コピー ~ img4
コピー ~ img5
sideban_technology
※こちらのページは、一般公開されている企業情報もしくは取材を通じて得た情報を掲載しております。